firm

Goyat LLC 代表 吉田憲人について

Goyat(ゴヤット)の名前の由来は、フランス系の友人の名前から来ています。2003年10月に1ヶ月ほどスイスのジュネーブで仕事をしていました。そこでGoyatと言う名前を初めて知りました。どういうわけか頭の奥底に残っていたため、ドメイン名にし、そして会社名 にしてしまいました。

1988年にソニー株式会社に入社。主にコンピュータ関連のマーケティング業務。

1999年に 社内ベンチャーとして無料メルマガ サイトPubzine(パブジーン)を起業。

2004年に ヤフー株式会社に転職。 Yahoo!メルマガのコンセプトを売り込み、

2006年8月にサービスリリー ス。同時に、退職。独立の道を選ぶ。

 

今までの人生を振り返って・・・

私の人生は、20歳代、30歳代、40歳代、50歳代ごとに求める夢が違っていた。それぞれの夢(精神的な欲求)を無意識の内に求めてタイミングは違うけれども達成できた。今、50代後半なのだが自分の手足で生きて行きたいという欲求で独立して会社を営んでいる。時代の大きな変化に対抗するためには、強い目的意識と自分を信じてやれることをやり続ける事しか生きる道を見いだせないと思っている。

なかなか自分が求めている目標に近づかないが、事が成就する過程は戸惑いと迷いの連続なのだ。ただ、やり続けているとある日突然夢が実現している事に気づく。

そんな経験があっても、先が見えない。自分を信じ続けようとしても迷いと戸惑いと不安が同居している。同居しているが、その場で立ち止まる選択はない。迷いながら足を一歩一歩前に出す努力をしなければ明日に何も良いことが起きない。

日本だけでなく、世界の人々は、多かれ少なかれ同じような心理状態で日々の生活を送っていると想像している。ますます、貧富の格差が開き始め顕著になり社会不安と不満が米国、ヨーロッパを始めとする先進諸国で大きな問題となってくる。日本もその道に向かっている。

日本政府は、中間所得層を増やす政策を取るべきなのだが、富裕層が政治を握っている。富裕層の人たちは、自分たちだけで生きていけると思っている。現実は、多くの人の支援で支えながら生きているという共存社会の現実を忘れている。

自分の手足で生きていると自分の存在が社会の仕組みに上手くはまらないと存続できないことが分かる。お互い支えあっているという仕組みに入れるような労働を提供する必要がある。

人がやらないこと、人ができないこと、人が困っていること、人が喜ぶこと、人が求めることなどに対応できる労働が出来れば会社にぶら下がる労働をしなくても生きていける。会社にぶら下がる仕事は、年齢制限がある。定年が必ずやって来る。途中でリストラ、会社の倒産、転職などの大きな転機がある。誰かに頼るにも限度がある。

最終的に自分自身に頼るしかない。それが独立という言葉となって社会とのつながりの最終章になる。

誰もが歳を取る。50歳を過ぎれば、誰かに頼る機会が非常に少なくなる。日本が1000兆円の負債で政府の信用不安が発生すれば、国の年金システムも崩壊する。老後を年金でという生活は送れない。

自分たちで時代にあった新しい価値観と労働意識を育ててNew Life Styleを作る必要がある。新しい中間所得層を増やすための労働意識と価値観だ。

Goyat LLC 代表 吉田憲人

 

【現在の執筆活動】

・誠ブログ「51歳からの起業:困っている会社員と起業家へのメッセージ

ITmedia Alternativeブログ 「メルマガの先は・・・」の読者ブロガー

Web担当フォーラムブログ・・・CMS

 

会社概要

会社名:

ゴヤット 合同会社 (Goyat L.L.C)

所在地:

神奈川県横浜市保土ヶ谷区仏向西22-1

設立:

2006年9月8日

資本金:

300万円

電話:

080-5178-9927

Email:

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

代表社員:

吉田憲人(よしだのりと)

業務内容:

1 インターネット広告、販売、仲買

2 ホームページ制作、サイト構築と運営、保守サポート

3 ソフトウエア商品、情報商品、通販商品の売買

4 インターネットビジネス代行、業務受託

5 コンサルティング

6 セミナー、教育、出版、執筆、翻訳

7 前各号に附帯する一切の事業

取引銀行:

みずほ銀行 横浜駅前支店

業務提携:

株式会社エイチツーオー・スペース
株式会社インターネットナビ

所属団体:

東京商工会議所
Joomla!じゃぱん
community.joomla.org
magazine.joomla.org